経営に関する知識をつけよう|レジ歴史のハッテン

広がるコンビニ

コンビニが誕生してから現在まで、怒涛の勢いで店舗を拡大してきたコンビニエンスストアですが、今やその数は飽和状態で街に出ればいたるところにコンビニがひしめく状態です。 コンビニはフランチャイズ形式で展開されるため、開業資金さえ出せば誰でもコンビニ経営のノウハウを手に入れられることが、現在のように店舗が増えている理由なのでしょう。 今後もこうしたフランチャイズ形式のコンビニが多く見られるでしょうが、その商品はより消費者の求めるものを多く扱うようになるでしょう。 すでに現時点でも、ドーナツやコーヒーのように客の要望を満たすために新たな展開を行っているコンビニも現れており、今後もこのように成長はとどまる事がないでしょう。

コンビニ経営を始めたいと思った時には、そのコンビニを経営している大元の企業とフランチャイズ契約をする必要があるのですが、この契約をする際に覚えておきたいポイントがあるのです。 フランチャイズ契約というのは本部が作成した内容を加盟店が了承することで成立する契約です。ですので、多くの成約がつくことを覚えておくとともに、契約時にしっかりと確認することが大切です。 また、フランチャイズ契約では本部支払うロイヤリティが毎月発生することも予め確認しておくことが重要です。 このロイヤリティの算出方法は企業によって少し変わってきますので、加盟する際の判断要素として考えると良いでしょう。 さらに、フランチャイズを解約した際の違約金もしっかりと確認しておくことが大切です。